忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


--【会社四季報が無料で閲覧できる証券会社】-----------------------
 → 楽天証券は口座開設+5万円の入金で3,000円分の楽天スーパーポイントがもらえる!
--【1ヶ月手数料定額制の証券会社】-----------------------
 → コスモ証券の評判、評価はこちら
--【10万円以下が手数料無料の証券会社】-------------------
 → 岡三オンライン証券の評判、評価はこちら
 → 松井証券の評判、評価はこちら
-------------------------------------------------------




[PR] |
九州電力株の投資戦略~全株売却する判断
 私が九州電力株を全部売却する判断をするのは、投資判断をした前提が崩れたときです。

 具体的には、以下の①、②の場合です。

①九州電力の主力事業に対して、強力なライバル企業が出現したとき
 九州電力が九州地方でほぼ独占状態にある電力・エネルギー供給事業の強力なライバル企業が出現した場合、投資の前提条件が大きく崩れます。 

 このような事態が発生する可能性は相当低いと考えていますが・・・。

 そのよう場合は、九州電力のビジネスモデルの強みが失われますので、即時に全額売却します。

②保有株の平均単価が1株当たり純資産に対して1.3倍以上になったとき
 例えば、大赤字が連続し、九州電力の純資産が目減りし、保有株の平均単価が1株当たり純資産に対して1.3倍以上になった場合は、全額売却します。

 PBR1.3倍は、高く買いすぎの状態だと私は考えています。

 九州電力で赤字が連続する可能性は低いとは考えていますが、前述のように、強力なライバル企業が出現した場合、大規模な事故・災害が発生した場合が考えられます。

 ただ、大規模な事故・災害については、現状独占企業で、九州電力の事業がストップすると、困るのは九州地方に住む人々や企業ですので、九州電力の経営が追い込まれる可能性はかなり低いと思います。

【関連リンク】
九州電力株の投資戦略~買いの判断
九州電力株の投資戦略~売りの判断

PR

--【会社四季報が無料で閲覧できる証券会社】-----------------------
 → 楽天証券は口座開設+5万円の入金で3,000円分の楽天スーパーポイントがもらえる!
--【1ヶ月手数料定額制の証券会社】-----------------------
 → コスモ証券の評判、評価はこちら
--【10万円以下が手数料無料の証券会社】-------------------
 → 岡三オンライン証券の評判、評価はこちら
 → 松井証券の評判、評価はこちら
-------------------------------------------------------




九州電力株の投資戦略~全株売却する判断 | Comments(0) | TrackBack(0) | 九州電力株の投資戦略~全株売却する判断

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



| 九州電力株長期投資日記 |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]