忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


--【会社四季報が無料で閲覧できる証券会社】-----------------------
 → 楽天証券は口座開設+5万円の入金で3,000円分の楽天スーパーポイントがもらえる!
--【1ヶ月手数料定額制の証券会社】-----------------------
 → コスモ証券の評判、評価はこちら
--【10万円以下が手数料無料の証券会社】-------------------
 → 岡三オンライン証券の評判、評価はこちら
 → 松井証券の評判、評価はこちら
-------------------------------------------------------


[PR] |
電力株の裁定取引に妙味あり
 電力株投資の裏技というほどのことではないのですが、私は電力株の裁定取引を時々しています。

 具体的には、中部電力株と関西電力株の裁定取引です。

 中部電力株と関西電力株は、同じ電力株なので似たような値動きをしますが、ここ2~3年の傾向をみると、中部電力株と関西電力株の価格差(中部電力の株価-関西電力の株価)が-30円~120円程度に推移しています。

 すなわち、

①「中部電力の株価-関西電力の株価」が-30円に近付いた時に、中部電力株を現物買い、関西電力株を空売り

②「中部電力の株価-関西電力の株価」が120円に近付いた時に、中部電力株を空売り、関西電力株を現物買い

 することにより、70~80円のサヤを抜くことが可能になります。

 空売りは、現物買いした方の電力株を担保にできるので、実質的に現物買い分の資金があれば取引が可能になります。

 現在、電力株は2000円前後の株価ですので、1回の取引で3~4%の利益を得ることができます。

 ちなみに、この周期は年3~4回ありますので、うまく取引できれば年10%近い利益を得ることもできます。

 なお、中部電力株と関西電力株のもっと長期的な傾向をみると、中部電力の株価>関西電力の株価であることが基本的な傾向ですので、①のパターンの取引の方がより安全だと個人的には考えています。

 中部電力と関西電力のペアに限らず、電力株同士のペアなら、同様の取引が可能なケースも多いと思うので、いろいろなパターンを研究してみるとよいかもしれません。
PR

--【会社四季報が無料で閲覧できる証券会社】-----------------------
 → 楽天証券は口座開設+5万円の入金で3,000円分の楽天スーパーポイントがもらえる!
--【1ヶ月手数料定額制の証券会社】-----------------------
 → コスモ証券の評判、評価はこちら
--【10万円以下が手数料無料の証券会社】-------------------
 → 岡三オンライン証券の評判、評価はこちら
 → 松井証券の評判、評価はこちら
-------------------------------------------------------


電力株の裁定取引に妙味あり | Comments(0) | TrackBack(0) | 電力株投資の裏技

| 九州電力株長期投資日記 |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]