忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


--【会社四季報が無料で閲覧できる証券会社】-----------------------
 → 楽天証券は口座開設+5万円の入金で3,000円分の楽天スーパーポイントがもらえる!
--【1ヶ月手数料定額制の証券会社】-----------------------
 → コスモ証券の評判、評価はこちら
--【10万円以下が手数料無料の証券会社】-------------------
 → 岡三オンライン証券の評判、評価はこちら
 → 松井証券の評判、評価はこちら
-------------------------------------------------------


[PR] |
東京電力の第1四半期決算に注目
東京電力の平成24年度3月期の第1四半期決算が、明日8月9日(火)に発表されます。

東京電力の決算発表は、他の電力株にも大きな影響を与えるでしょうから、非常に注目です。

今期予想が明確に示せる状況なのでしょうか…。

個人的に、今年度の決算は、確実に債務超過になると考えています。

昔はディフェンシブストックの代表格だったんですがねえ…。

全くわからんものです。

賠償スキームも、他の電力会社がどこまで巻き込まれるか、まだよくわからないところがあります。

そんな中、自然エネルギーの電力を高額で買い取る制度を導入して、電力会社に体力はあるのでしょうか。

まあ、最終的には、消費者に価格転嫁するのでしょうが…。

ますます、日本が空洞化しますね。

企業が日本に生産拠点を置くメリットは、もはやないですね。

義理もないんですけど。
PR

--【会社四季報が無料で閲覧できる証券会社】-----------------------
 → 楽天証券は口座開設+5万円の入金で3,000円分の楽天スーパーポイントがもらえる!
--【1ヶ月手数料定額制の証券会社】-----------------------
 → コスモ証券の評判、評価はこちら
--【10万円以下が手数料無料の証券会社】-------------------
 → 岡三オンライン証券の評判、評価はこちら
 → 松井証券の評判、評価はこちら
-------------------------------------------------------


東京電力の第1四半期決算に注目 | Comments(0) | TrackBack(0) | 管理人のポジション
電力株はディフェンシブ銘柄として復活か?

 本日は、電力株が総じて堅調に推移しました。

 ドバイの資金繰り危機や円高で、世界景気の先行きにも改めて警戒感が強くなり、日経平均株価は301円安の9100円割れとなりました。

 そのような中、ディフェンシブ色の強い業種として、電力株に資金が向かっているようです。

 円高による原燃料安メリットも支援材料となっているのでしょう。

 また、メリルリンチ証券が電力・ガスセクターのレポートをリリースしています。

 円高進展による輸出産業株の回避、増資リスクのある企業の回避、減配の無いセクターの見直しなどを踏まえ、「株式市場がディフェンシブ性を求めているように見える」とコメント。

 これまで、電力セクターの政策リスクから大きく売り込まれてきましたが、いよいよディフェンシブ銘柄として復活してきたのでしょうか?
 


--【会社四季報が無料で閲覧できる証券会社】-----------------------
 → 楽天証券は口座開設+5万円の入金で3,000円分の楽天スーパーポイントがもらえる!
--【1ヶ月手数料定額制の証券会社】-----------------------
 → コスモ証券の評判、評価はこちら
--【10万円以下が手数料無料の証券会社】-------------------
 → 岡三オンライン証券の評判、評価はこちら
 → 松井証券の評判、評価はこちら
-------------------------------------------------------


電力株はディフェンシブ銘柄として復活か? | Comments(3) | TrackBack(0) | 管理人のポジション
送電網こそ電力会社真の資産

 発電施設が電力会社の一番の資産だと考える方が多いと思いますが、私は送電網こそ電力会社の真の資産だと考えています。

 今後、太陽光発電や風力発電などが盛んになれば、発電施設の資産価値は低下してきます。(そうは言っても、電力会社の発電能力を凌駕することはできないと思うので、微減だと思いますが。)

 太陽光発電などを売電する場合、絶対に電力会社の送電網を使わなければなりません。

 他の会社が、電力会社と同レベルの送電網を整備するには、莫大なコストがかかりますし、社会的にみても二重投資となります。

 したがって、電力会社以外の会社や個人が売電する場合は、必ず、電力会社の送電網を使わなければならないのです。

 ここが、電力会社の真の強みではないかと考えます。

 電力会社の送電網に社会的価値がなくなるのは、各個人が自家で使用する電力を自家のエコ発電で完全に賄うことができるような設備を、非常に安価に全家庭で導入することが可能になったときです。

 そうなような状況は、現時点では想定できませんよね。

【現在の管理人のポジション】 九州電力株 800株(平均単価1889円)
 


--【会社四季報が無料で閲覧できる証券会社】-----------------------
 → 楽天証券は口座開設+5万円の入金で3,000円分の楽天スーパーポイントがもらえる!
--【1ヶ月手数料定額制の証券会社】-----------------------
 → コスモ証券の評判、評価はこちら
--【10万円以下が手数料無料の証券会社】-------------------
 → 岡三オンライン証券の評判、評価はこちら
 → 松井証券の評判、評価はこちら
-------------------------------------------------------


送電網こそ電力会社真の資産 | Comments(0) | TrackBack(0) | 管理人のポジション

| 九州電力株長期投資日記 |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]