忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


--【会社四季報が無料で閲覧できる証券会社】-----------------------
 → 楽天証券は口座開設+5万円の入金で3,000円分の楽天スーパーポイントがもらえる!
--【1ヶ月手数料定額制の証券会社】-----------------------
 → コスモ証券の評判、評価はこちら
--【10万円以下が手数料無料の証券会社】-------------------
 → 岡三オンライン証券の評判、評価はこちら
 → 松井証券の評判、評価はこちら
-------------------------------------------------------


[PR] |
九州電力の1株当たり純資産の過去10年間の推移

 純資産とは、株主資本と同義で、企業の総資産から負債を引いたものになります。

 長期投資をする場合、投資家のメリットとしては、①配当金や株主優待、②株主資本の成長に伴う株価の上昇、の2つがあります。

 企業の利益の一部は配当金や株主優待として毎年株主に還元され、残りは純資産(株主資本)として蓄積され、資本の成長が株価に反映されることにより、投資家の利益となります。

 過去長期間の企業の純資産の成長を分析することは、株主資本の成長の分析をすること意味します。

 以下は、過去10年間の九州電力の1株当たり純資産の推移です。

    1株当たり純資産(円)(連結)
1999年 1391.00
2000年 1530.04
2001年 1708.24
2002年 1739.77
2003年 1773.19
2004年 1922.54
2005年 2067.54
2006年 2223.21
2007年 2285.86
2008年 2255.17

 1999年に約1400円の投資をしていれば、2008年には約2200円まで資本が成長していることを意味します。(株価にどう反映されるかは、また別の問題ですが、九州電力の株価は1株当たり純資産と高い相関性があると考えています。)

 この資本の成長の他、毎年、50~60円の配当金が支払われているので、10年間で500~600円の配当が得られたことを意味します。

 すなわち、1999年に約1400円の投資をすれば、2008年には約2700円程度まで価値が増大したことになります。
PR

--【会社四季報が無料で閲覧できる証券会社】-----------------------
 → 楽天証券は口座開設+5万円の入金で3,000円分の楽天スーパーポイントがもらえる!
--【1ヶ月手数料定額制の証券会社】-----------------------
 → コスモ証券の評判、評価はこちら
--【10万円以下が手数料無料の証券会社】-------------------
 → 岡三オンライン証券の評判、評価はこちら
 → 松井証券の評判、評価はこちら
-------------------------------------------------------


九州電力の1株当たり純資産の過去10年間の推移 | Comments(0) | TrackBack(0) | 九州電力の1株当たり純資産の過去10年間の推移

| 九州電力株長期投資日記 |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]